目の筋肉を鍛える「眼球運動」

目の筋肉を鍛える「眼球フィットネス」

ここでは凝り固まった「眼筋」をほぐすフィットネスをいくつかご紹介します.

眼筋を気持ちよく伸ばして柔軟性を取り一戻します 眼筋のストレッチです)

また、日の筋肉(外眼筋、内眼筋はもちろん、日のまわりの表情筋も)を意識的に動かすことで、血液の循環がよくなります。

目の緊張や疲れもすっきり取り除かれますさらに、うまく使えていない日の筋肉を意識的に動かすことで、本来の働きを取り戻します。眼筋の筋トレです.

これだけで視力は驚くほどよくなるはずです

先ほども言いましたが、人間の筋肉は使わなければ衰えます。これは目の筋肉も同じです。

けれど、同時にどんなに衰えている筋肉だって、きちんと鍛えてあげればそれなりの成果をあげることができるものなのです

やれば必ず効果が出ます。ただただ実行することが大切です´

目の血行をよくする「上向きクロージング・オトプニング法」

別ぺ‐ジでやっていただいた「上向きクロージング・オープニング法」は「外眼筋」「内眼筋(毛様体筋とをまんべんなく動かすフィットネスです

実際にやってみて、気持ちよく感じたり、日のまわりがじんわりとあたたかくなったという人は、目のまわりの筋肉が硬くなり血流が悪くなっている証拠。

また、日をうまく動かせなかったという人は、筋肉の硬直が慢性化している恐れがあります。

目が疲れたときはもちろん、朝晩1~2セットを習慣にするといいでしょう。

目に酸素をたっぶり送り届ける「ビジョンマッサージ」

ツボを刺激することで、血行をよくし、視力の回復を促します。ポイントは「呼吸」

吐くときには唇を「ウ」の形にすぼめてフーッと吐き出しますこ細く長くを意識しましょう。

吸うときは新鮮な酸素を目全体にいきわたらせるイメージを浮かべながら深く、吸います。

動作に合わせて息を吐いたり吸ったりすることで、効率よく酸素を体内に取り入れます

●鰈左右の目のバランスを整える「点線シフティング」

長時間のパソコン作業が引き起こす症状はさまざまなものがありますが、 一番始末の悪いのが、頭痛、一肩コリ、目の疲労ではないでしょうか。

実はそのほとんどが左右の目のアンバランスな使い方から生じています。

そこで、「点線シフティング」によって、左右の目のバランスを整え、それらの症状を改善しましょう

これはギザギザの線を日で追いかけるフィットネスです

顔を動かさず、目だけを動かします。慣れてきたら、本を正面だけでなく、右横、左横、上、下といろいろな角度に動かしてやってみましょう。

これを朝晩1回ずつ、できるだけ速く行なってください。

●「日のコリ・疲れ」をスッキリ取り除く「パッ<ティング」

ものを見るときに目が緊張していると、目の疲労は大きくなります。

りラックスした状態で目を使うことが大切です。これは、日の緊張を簡単に取り除く方法です。

表情筋及び角膜、涙腺への心地良い刺激で目をリラックスさせます

仕事の合間にも簡単にでき、効果も高いのでやってみてください

目のまわりを軽くたたきます

●視野が広がる「右向き、左向き○△ロフィットネス」

このフィットネスでは、ダイナミックに眼球を動かします.

人間は目の前の画面ばかり見ていると視野が段々と狭くなってきます。

周辺視野からの情報が明確にインプットできなくなると、簡単に言えば、ものがはっきり見えなくなるのです。それは疲労の原因にもなります。

また、まわりが見えなくなると転んだりぶつかつたりする危険があるだけでなく、その人の考え方や発想自体も″視野の狭いものになりがちです。

このフィットネスで眼球のストレツチをしながら周辺視野も広げましよう。

朝晩1回ずつフイットネスをしましょう。左右各1分が目安です

●筋肉バランスクを整える「上向き外眼筋総合フィットネス」

私たちは右目と左目の両方を協力させて、ものを見ています。それぞれの網膜には、違った像が映りますが、脳がひとつにまとめているのです

ところが、最近は両目を上手に使えない人が多くなっています^)どちらか片方の目だけで見ることがクセになってしまっているのです

片方の足だけで歩けば、使うほうの足は疲労困億し、使わないほうの足は筋肉が衰えることは容易に想像できます。日にも同じことが言えます

日の使い方のアンバランスは、眼精疲労をはじめ、頭痛、一肩コリ、ひどいときには吐き気を引き起こします。

このフィットネスでは、両日の内眼筋と外眼筋をほどよく使い、直筋と斜筋も全部使うことで、筋のバランスをよくします。乱視も修正できます。

「目のコリ・疲れ」をスツキリ取り除く方法

「疲れにくい目」をつくる2つのポイント

日を意識して動かしてみると、自分が最近いかに″目の運動不足だったかに気づくのではないでしょうか。

繰り返しになりますが、人間の体というものは、使わなければ衰えていきます)逆に使いすぎると疲労して、筋肉が固まって動かなくなります

つまり、体は適度に使うことが大切なのです。目もまったく同じです。

現代人はパソコンやスマートフォンを長時間操作するというこれまで以上に過酷な「目の使い方」をしています。意識して目をバランスよく動かすことがさらに求められます。

ぜひ、フイットネスを習慣化してください)

ここでは「疲れにくい目」をつくるコツをご紹介しておきましょう

①ゆったりと呼吸をする
②肩の力を抜く

の2つです。


PAGE TOP